コラム トモカ フランス語 著者別

翻訳家の私がオススメするフランス語参考書

更新日:

フランス語学習を25年やっている翻訳家として、フランス語学習者におすすめの参考書をご紹介します。

コレを買っておけば間違いない参考書揃いです。

 

フランス語の参考書はたくさん出版されています。

色々選べるのが便利な反面、どれを選べば良いか迷いますよね。

ここで紹介しているリストを上手に使って、参考書選びの時間を節約して、フランス語の勉強に使えるようにしましょう

 

フランス語文法書

Pas à pas(パ・ザ・パ) ふらんすご文法問題のすべて(初中級向け)

文法解説+練習問題が一冊になった本です。

「Pas à pas」は、「一歩ずつ」という意味。

 

名詞の性数から始まり、接続法や間接話法など、初中級の一通りの文法項目がカバーされています。

数式を解いていくような感覚で練習問題に取り組める一冊。

初中級段階で文法規則を叩き込むことは重要なので、良い訓練になります。

 

テーブル式フランス語便覧 (中級向け)

主要な各文法項目がそれぞれ見開き1ページにまとめられていて、左側のページに表、右側では要注意点に関して日本語で説明されています。

どの文法項目も細分化されているので、本が薄いわりに情報量が多いです。

解説が詳細に書いてあるわけではないので、この本を使って学習するというよりも、一度学習したことを確認したい時に使いたい参考書です。

 

Bescherelle(ベシュレル) (全レベル向け)

フランス語で動詞の活用の本と言えば「ベシュレル」です。

 

フランス語は動詞の活用の種類が非常に多いので、フランス人でも家に一冊は「ベシュレル」を置いて、きちんとした手紙を書く時には確認しているそうです。

日本ではあまり有名ではないですが、フランス語圏で語学学校に通う場合は、授業でもよく使うのではないでしょうか。

次のページへ >

-コラム, トモカ, フランス語, 著者別

Copyright© Learning Languages Abroad , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.